2014年12月

3度目の入院ステロイドパルスから丸2年。
今年は2,4,8,12月受診で、本日は4度目のK病院である。

前回のブログでは、目の腫れ感など少し不安があると記載。
その後もいやな感じが数週間続いたかと思ったらいつの間にか気にならなくなっているという状態なので、「もうこれは体質の一部となったのかもしれない」と考えることにした。
眼の腫れ感があるときは、きっと体からのイエローカードなのだろう。
「ちょっと休まなければ…、でもこの仕事やってから休もう。体の神様、もうちょっとだけ待ってください、これ終わったら休みますから…。」とお願いして、バタバタと日々を過ごす。
結局次々と仕事が現れて、休むことは有耶無耶にしていると、もう年末だ。

今回の受診でも、いつものように一通りの検査となる。
ひょっとしたら両眼視検査でひとつに見える範囲が少なくなっているのではないかと少し不安である。
二つに見えたらボタンを押すのだが、ボタンを押しつつ4ヶ月前とあまり変わっていないようでホッと一安心する。
どれくらいがひとつに見える正常範囲かを視能訓練士の方に伺ってみると、正面視を中心として上方は仰角40度程度、左右方向は50度程度(下方は聞き損ってしまった・・・)が正常範囲なのだそうだ。
当方の現状は仰角30度、左右は40度程度で、正常範囲よりひとまわり狭い。

ちょうど一年前の昨年12月当時の拙ブログには「複視検査では、前回受けた時は、一点と確認できるところが正中付近少し下あたりで、読書面を想定すると5cm四方程度あったが、今回は10数cm四方に広がっている。」と書いている。
これから推察するとたぶん当時は、仰角や左右は10〜15度の範囲で一点に見えていたようだ。
その後一年かけて少しずつ少しずつ、一点に見える範囲は広がっていっていたのだ。
また、2年前の3回目のステロイドパルスの後、正しく一つに見える部分が現れるのに1年弱かかっていたのだ。
パルス治療後すぐに改善するかと思っていたのにちっとも変化しない状況に苛立ったり諦めたり、調子が悪くなったかも…と愚痴っていたその間にも、波がありつつも、実に少しずつではあるが改善していっていたのだ。
本人が文句を言っているのに、その間も黙って頑張っていた自分の身体に感動した。
ありがとう、わたしのからだ!

上をチラ見すると信号が二つに見えるが、首を動かすことで代償が習慣的に出来て、お陰様で日常生活には全く困らないレベルだ。
時々目が腫れぼったい感じにはなるが、外見は何も変わらず、自分で「いやな感じ」と感じるだけだ。

A先生も「まあ上を見ると二つに見えるのは後遺症ですが、10年たったら治っていたという人もいます。今後の再発の可能性は低いです。また6ヶ月後にTSAB結果を見せてくださいね。たぶん数字も落ち着いていると思うので、OKだったら3年で終了ですよ。」とのこと。
いえいえ、この見え方で文句言っていたら罰が当たります。今の見え方で充分です。
いつもながら安心を下さるA先生、ありがとうございますっ!

ちょうど2年前の入院時はあれこれ心配したが、2年後の今、こうして忙しく仕事ができて、ごく普通の生活を送らせて頂けることはなんて幸せなことなのだろうか!
今年一年無事に過ごせた事に感謝感謝!!


posted by 田上惠美子 at 19:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
甲状腺眼症で某大学病院に入院し、パルス療法の2日目をもうじき受ける57歳のおじさんです。ねれなくて病気のことを調べていたら、このプログを見つけました。一気に読ませて頂きました。遠近感がなく、人混みを歩くのが怖く、12月ごろからは、会議で配布した資料が速読できず、全く仕事にならない状態でした。
1年前は、B型肝炎由来の肝臓ガンで入院しており、本来ならば、リストラ対象と思います。同僚、部下、上司に恵まれていることが救いです。プログを読んで、少し救われた気持ちになりました。
今後の完全回復とブログ更新、期待しています。ありがとうございました。
Posted by ジジパピ at 2015年03月04日 03:30
ジジパピ様、
コメントありがとうございます。

本日の眠気は如何でしょか?
ステロイドで眠れないのは辛いですよね。
当方も入院時は大変マイスリーにお世話になりました。

また、当方も遠近感が無い上に眼球が動かしにくくて道に迷っってしまい、梅田地下街の雑踏の中で立ち尽くした覚えがあります。

当方は59歳のおばさん、完全復活は少し困難・・・、これくらいの年齢になりますと一病、いや二,三病息災。
目の軽い後遺症やバセドウの放射線治療による甲状腺機能低下症も年輪のうち?!と開き直りました。
ジジパピ様は肝臓ガンでの入院されたとのこと、当方の疾患とは比べ物にならないたいへんな状況を強く乗り越えてきておられるのでしょう。

お互い最善を尽くしての「今」を満喫していきましょうね。

Posted by 田上惠美子 at 2015年03月05日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410588049
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。