2013年8月

ステロイドの服薬も目薬も何にも無しで一ヵ月半を過ごす。
上方や右方を見るとダブるものの、首を動かすことでサポートできる範囲である。
お陰様で日常生活で大きな支障は感じなくなった。

数日の波で「あら〜、今日は少し腫れ感があるなあ…」とか「ちょっと動かしにくい感じがあるかも…」とか「バタバタと忙しいとまぶたの上がボワーンとする感じが強くなるなあ…」とかを感じるが、そのうちに「そういえば一週間前に思っていた感じがなくなってるな、よかった〜〜」の繰り返しである。
不安ではあるが、万一再燃しても一度経験した症状なのでヘンな自信ができた。
それにガラスの個展も控えており、目を酷使して作品を作らざるを得ない状況である。
悪化したらしたで、その時はその時。
「何とか個展作品がある程度出来てから悪くなって欲しい?!」とヤケクソで熱中症になりそうになりながらバーナーに向かう。

そんな日々の中、久し振りに受診である。
いつもの諸検査を済ませて待つ。
10時半の予約であるが、実際の診察は午後3時だった。
もちろん遅れるのは承知の上での受診である。
いつもどの患者も熱心に丁寧に診察し説明してくださるA先生。
診察後の先生のお疲れは大変なものだろう。
あまりご負担を増やしてはいけないと思いつつも、ついつい気になることを質問してしまう。

Q:腫れ感や見え方に波があるのが心配。
→A:ステロイド無しとなっても検査上大きな変化は見られない。断言は出来ないが、今までのケースを見ているとまず大丈夫。日内変動や数日の単位での変動があるのがこの病気で、少しずつ落ち着いていくでしょう。

Q:ガラス作業で凝視が長時間となる。
→A:症状とは無関係。疲れたら適当に休む程度で問題はない。

Q:車の運転は?
→A:そろそろ開始してよい。右方はしっかり確認動作をするように。そのうち徐々に慣れてくるし、いつの間にか症状も軽減するはず。

Q:運転時にプリズム眼鏡の適応は?
→A:この病気の困ったところは、目を動かしたときに同じようにずれない所。今の正中視での若干の左右眼球のズレと、右方上下に目を動かしたときのズレ幅は違う。現状に合わせる眼鏡は難しい。現状は正面視で融像力でカバーできるだけのズレ幅に改善してきているので、眼鏡はかけずにいるほうが目の練習になるかもしれない。

本当に丁寧に説明してくださってこちらの心のサポートまでしてくださり、頭が下がる思いである。
更に次回の診察に向けて下記の2点をお伝えくださる。
「前回のTSABは少量のステロイド服薬時の数値であるため、全くなくなった状態での数値を次回かかりつけ内科で検査してもらって次回受診時に持参すること」「眼圧が少し高めではあるが、視診では問題ない。念のため次回視野検査実施する」とのこと。
A先生、安心できました。本当に深く感謝しています!!

車窓から見える山々が今日も立体に見えることにまたまた感激し、またまた涙ぐみそうになる!?
どうもこの所歳のせいか一層涙もろくなったようだ・・・。

次回は一ヵ月半後の受診予定である。


posted by 田上惠美子 at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。