2013年5月

4週間ごとに5mgづつプレドニンを減量しており、4月末から隔日5mgの服薬となっている。

GW終了後にいつものように受診。
一ヶ月前の前回受診時に、複視の検査で光点が一つに見えるところが出てきて、大変嬉しかったが、今回は残念ながら二つのところばかりだった。
とはいうものの、検査での光点が眼から30センチ程度の面と仮定すると、前回一つに見えた中央少し左下部分は1センチ弱、少し斜めにずれた上下に離れた点として、当方には見える。
昨年の入院前は、同じ検査では中心部でも数センチ以上離れて見え、周辺部ではひどい所では10センチ近く離れた光点が二つ見えた。(大体、あまり周辺に、特に上方向に眼が動かせなかった。)
その時は日常生活では周辺視や正面視でも、風景も手元も全部ダブって見えており、見るということに非常に疲れ、歩くのも億劫になる時もある状態だった。
そんな半年前に比べて現在は、細かい作業や細かい文字の読書さえしなければ快適な日常生活が送れるようになり、感謝感謝である。
今回のちょっと残念な結果は、症状の変動幅内と思いたいなあ。

眼の諸症状は「そういえば、以前はずっとこんな眼の腫れ感があったんだ」と腫れ感がぶり返す日もあれば、腫れた事を忘れている日もある。
「眼の動きがちょっと悪いなあ」と感じる時もあれば、快調に動けて不自由を感じない日もある。
その時の体調や精神状態に左右されるかもしれないが、日内変動と言うより、週単位より大きい波があるようだ。
ステロイドの服薬量が減ったあと2週間ほど少し低迷する感じが強いようだが、気のせいだろうか?

現在の私は甲状腺眼症の経過のどの辺にいるのだろうか、と時々考える。
そんな時よく見るのが「バセドウ病悪性眼球突出症の診断基準と治療指針」だ。
http://www.japanthyroid.jp/doctor/img/basedou.pdf
同作成委員会の先生方が第一次案としてまとめられたもので、主症状の評価基準や治療法のチャートが掲載されている。
それを見ると当方の昨年入院時の状態は、外眼筋に関して重症、眼裂開大や眼球突出が中〜軽症、結膜その他の状態が軽症のようだ。
現在は外眼筋が中等症、眼裂開大や眼球突出が軽症、その他がなし、という状態だと思う。

どうか昨年秋がピークでありますように・・・、これから更にピークが来ませんように・・・。
でも、考えても心配しても仕方がない。
少しでも良いこの状態で、今出来ることを、今しよう。
とにかく基本は、仕事がらみでもなんでも毎日8000歩以上は歩くこと!


posted by 田上惠美子 at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368546553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。